固定価格買取制度について


固定価格買取制度とは

固定価格買取制度とは、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスといった再生可能エネルギー源を用いて発電された電気を、国が定める固定価格で一定期間電気事業者(電力大手10社)が買い取ることを義務付けた制度のことをいいます。2012年7月1日にスタートしました。

電気事業者が調達した再生可能エネルギー電気は、私たちが普段使う電気として供給されています。このため、電気事業者が再生可能エネルギーで発電した電力の買取りに要した費用は、賦課金という形で私たち国民が電気料金の一部として負担しています。

この制度のおかげで、原則20年間、一定価格で、発電した電力を電力会社に買い取ってもらえるということが法律で定められています。つまり、発電してしまえば20年間という長期間の安定収入が見込めるということです。

固定価格は年々変化しています。これまでの様子を見る限り、徐々に買取価格が下落しているようです。早いうちに導入されることをお勧めいたします。

 

2017年以降の価格表(調達価格1kWhあたり)

太陽光※1

 2,000kW以上
(入札対象区分)※2
10kW以上2,000kW未満
平成29年度入札制度により決定21円+税
平成30年度
平成31年度
調達期間20年間

 

10kW未満10kW以上2,000kW未満

出力制御対応機器

設置義務なし

出力制御対応機器

設置義務あり※3

出力制御対応機器

設置義務なし

出力制御対応機器

設置義務あり※3

 

平成29年度28円30円25円27円
平成30年度26円28円25円27円
平成31年度24円26円24円26円
調達期間10年間

 

※1 太陽光発電については、10kW未満は1年間、10kW以上は3年間の運転開始期限が付与されます。

※2 入札制度については資源エネルギー庁のサイト上に詳細を掲載しています。

※3 北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の供給区域において、出力制御対応機器の設置が義務付けられます。

 

 

20kW以上

(陸上風力)

20kW以上

(陸上風力)リプレース

20kW以上

(洋上風力)

20kW未満
平成29年度

(平成29年9月末まで22円+税)

21円+税

18円+税36円+税55円+税
平成30年度20円+税17円+税 

調達価格

平成31年度

19円+税16円+税 
調達期間20年間

 

※建設及び運転保守のいずれの場合にも船舶によるアクセスを必要とするもの。