太陽光パネルの種類はどんなものがありますか


太陽光パネルは大きく「単結晶シリコン」「多結晶シリコン」「薄膜シリコン」「化合物系」の4つに分類できます。
最も広く普及しているのは「単結晶シリコン」です。パネルの形状が多様で選択肢が多く、価格の幅も広いため現場の状況に合わせて配置をしやすいことが特徴です。
「多結晶シリコン」は単結晶に比べると価格が安いのが特徴です。発電効率は落ちますが、最近では開発が進んでおり国内での人気も高まっています。
「薄膜シリコン」は薄さと軽さが大きな特徴です。単結晶シリコンに比べ発電効率が低くまだシェアは低いですが今後の開発が多いに期待されています。
「化合物系」主成分に銅、インジウム、セレンを用いたCIS太陽電池や、それらに加えガリウムを使用したCIGS太陽電池などがあります。
シリコンパネルよりも省資源で製造可能で全天候で経年劣化も少ないことが注目されています。ただ、まだ発電効率が低いことが課題ですが、今後の産業用発電の主流となる可能性があるパネルです。