風力発電の種類はどんなものがありますか


大きく「水平軸風車」と「垂直軸風車」の2つに分類されます。水平軸風車は風車の回転軸が地面に対し水平になっているものです。
プロペラ式、オランダ式、などがあります。構造が分かりやすいため大型化に向いており、プロペラ式の風車は多くの風力発電機で採用されています。
バランスを考慮し3枚の羽根のものが主流となっています。「垂直軸風車」は風車の回転軸が地面に対し垂直になっているものです。
その他、ダリウス式やサボニウス式といったものがあります。
どの方向の風でも風車が回るのが特徴です。ただ水平軸風車と比べると効率が悪く、設置面積が大きいというのも特徴です。