これからの次世代エネルギー
再生可能エネルギー

現在のエネルギーは、石油や石炭、天然ガスなど化石燃料にその多くを頼っています。
これからの次世代エネルギーとして国を始め多くの企業が力を注いでいます。

再生可能エネルギー

Renewable energy

再生可能エネルギーは、石油や石炭、天然ガスなどの化石エネルギーとは違い、太陽光、風力、水力、地熱といった私たちの身近にある自然界に常に存在するエネルギーのことです。
環境にやさしく、枯渇する心配が無いため、新しいエネルギーとして注目されており、国の指針を基に参画する企業のさらなる技術開発・運用が進められています。

代表的な再生可能エネルギーの種類と特徴

Types and Features
  • 太陽光発電
    太陽光発電

    日光を利用し、ソーラーパネルを用いて発電します。日光とパネルの設置場所があれば良いので、あまり設置場所を選びません。住宅の屋根に設置して一般家庭の電力を発電したり、産業用、投資目的用として大量に設置したりなど、幅広い用途が特徴と言えます。コストも安価であり手軽なため、投資対象として人気があります。

  • 風力発電
    風力発電

    風の力を利用して風車を回し発電します。2000年以降は導入件数が急激に増え、近年では導入件数が増えています。太陽光などに比べてエネルギーへの変換が効率的にできるので、発電コストの低さが特徴です。風が良く吹く場所に設置する必要があるため、太陽光発電と比べるとやや導入のハードルは上がります。

  • 水力発電
    水力発電

    水力発電は、日本にとって主要なエネルギー源といえます。経済産業省資源エネルギー庁:energy in japan2016によると、日本の電源構成の内、水力発電が約10%を占めています。水車を用いてエネルギーへ変換する方法は古くから活用されています。河川環境の改善にもメリットがあり、総合的な環境保全に結びつくとされています。しかし、川や用水路などに設置するのには、行政関係なども絡んでくるので投資目的としてはハードルが高いです。

  • 地熱発電
    地熱発電

    地下にあるマグマ(熱)から発生する水蒸気を利用し、タービンを回すことでエネルギーへ変換します。この地球内部の熱は、これから10億年以上も利用可能と見られています。日本には地熱が豊富に存在しているのですが、大規模な設備が必要となり、事前調査から発電所の稼働まで長い時間を要するため、あまり一般的とは言えないのが現状です。

  • バイオマス
    バイオマス

    バイオマスとは、動植物を源とする資源の総称です。例えば、トウモロコシなどをバイオエタノールにしたり、生ゴミや家畜の排泄物をガスにしたり、植物(木材やわら等)を燃やしたりすることで発電します。