(最終更新日 2018年07月19日)

どうなる!?小型風力発電! その①

キーワード

 

先日行われたFIT価格の予算委員会で、小型風力発電は2018年度以降

大型風力と同区分化されることが、ほぼ決定との発表がなされました。(*1)

(経過措置がとられるなどの話も上がってきてはいます。)

 

FITが下がることは想定されていましたが、大型風力と同区分化されるという

今回のニュースには業界にも衝撃が走っています。

 

現状の買取価格が【55円/1kw】ということを考えると、

半分以下に下がってしまうことになり、小型風力発電の事業そのものの継続が

困難になってくるのではないかとの見方が広がってきています。

 

今後小型風力はどうなってしまうのでしょうか!?

このまま終わってしまうのか??

次回は今後の業界動向について掘り下げて考えていきたいと思います。

 

>>どうなる!?小型風力発電! その②につづく・・・

 

---

(*1)  スマートジャパン ~小型風力のFIT価格は撤廃へ、「FITからの自立は困難ではないか」~

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1801/23/news031_2.html(2018年1月23日公開)