豪雨被害を受けて。調整池など、雨水対策の重要性


豪雨被害を受けて。調整池など、雨水対策の重要性

太陽光発電設備の施工において、傾斜のある土地に設置する場合は排水処理の対策が必要となります。

 

傾斜地にある太陽光発電設備は、林などを切り崩して開発施工した土地が多いです。

雨水は高い所から低い所に向かって、傾斜地を下りながら流れていきます。

 

草木が繁茂している状態なら、根を含めて土が保水力を保ってくれます。

一定の雨であれば、吸収され地表の土が大きく崩れることはめったにありません。

 

しかし、太陽光発電設備を設置した場所には草木は映えていませんので、そのまま雨水は表面の土砂を巻き込みながら流れて行ってしまいます。

 

この浸食が進み土壌が削られていくと、太陽光発電設備を設置している現場周辺の住宅地や道路に泥水が流れ込み土砂は堆積し、近隣住民から苦情が出たりとトラブルの原因になってしまいます。

 

基礎がむき出しになり、最悪の場合、架台やパネルを巻き込み土砂崩れなどの災害が起こる危険性があります。

 

先日の猛烈な豪雨でも、神戸の太陽光発電設備のパネルが倒壊し、山陽新幹線が一時運行を見合わせるトラブルが起きました。

はっきりとした原因は分かっていませんが、この様な万が一の事態を防ぐためにも、排水処理をしっかりと行う事は非常に重要です。

排水処理の方法は色々あります。

 

・土嚢を積む

・雨樋を設置する

・防草シートを敷く

・背の低い植物を植える

・調整池を設ける

             等

 

弊社保有の物件の中に、調整池を施工したものがありますので、一例としてご紹介致します。

福岡県飯塚市の自社物件航空写真

こちらは、福岡県飯塚市にある弊社所有物件です。

傾斜はありませんが開発面積や地域住民の方々に安心して頂き、要望に答える目的もあります。
(調整池の他に沈砂池という将来無くなっても問題ない池を作る場合もあります。)

 

先日の豪雨の後に、様子を見に行きましたが幸い何事もありませんでした!

パネルのある景観

こちらが、その時の様子です。

調整池にはすこし雨水が残っていました。

調整池を使った雨水対策

因みに、調整池の奥に見えるグリーンのシートは、防草シートです。

途中にある、少し小高くなっている傾斜部分に敷いています。

雑草が生い茂り、低い方のパネルに影を作らない様にする為です。

 

この物件の架台は、コンクリート基礎ではなくスクリュー式の杭を地中に埋設する方法で設置しています。

 

地中の奥深くまで杭を埋設する事で、万が一雨により表面の土砂が流れても架台の倒壊を防ぐことが出来ます。

 

しかし、夏ですので両脇やパネル下に結構雑草が伸びてきていました。

草刈りにも行ってきましたので、次回はその様子をお伝えさせて頂きます!