JPEA 太陽電池モジュールのリサイクル可能な産廃処理業者一覧表を公開

キーワード

2018年8月27日、太陽光発電協会(JPEA)は、太陽電池モジュールの適正処理(リサイクル)が可能な産業廃棄物中間処理業者一覧表を独自に作成し公開しました。

7月に発生した西日本豪雨災害の影響もあり「リサイクル可能な業者の情報を得たい」とのニーズに応えるため、当該業者の協力を得て作成されたものです。

一覧表は当該業者から提供された内容をもとに作成されており、詳細な情報の入手については自己責任、JPEAは一切責任を負わないと明記されています。排出事業者がリサイクル先を見つける際の、あくまでも参考情報の一つとして利用するよう呼び掛けています。

※一覧表はこちら(引用元:太陽光発電協会(JPEA)HPより)

 

JPEAは7月の西日本豪雨災害が発生した際、主に中国地方で排出される太陽電池モジュールについて、リサイクルができる産廃処理業者を5社公開していました。(掲載ページはこちら

今回の一覧表では全国21業者の情報が公表されており、その内訳は東日本が15社(団体)、西日本は6社(団体)となっています。