(最終更新日 2018年10月24日)

太陽光発電施設の除草作業を自分たちでやってきました!


太陽光発電施設の除草作業

平成30年7月26日、自社で所有している太陽光発電所に於いてメンテナンスを実施し、
除草作業を行ってきました。

飯塚市の発電所では、雑草のセイタカアワダチソウやツタ、イネ科の植物なんかが生い茂ってました。

今後の発電や点検作業に支障が出ることから、草刈り機で一斉に除草しました。
また、除草剤の散布も行いました。
農薬や除草剤について、知りたい方はこちらのスマートジャパンさんの記事を参考にされて下さい。
雑草対策に使うその前に、太陽光発電事業者が知っておきたい農薬知識

点検と除草作業を行った社員は、あまりの暑さに1名熱中症でダウン…。
休憩と水分を十分に取りながら作業を行ったのですが、今年の暑さの前には
無意味だったようです…。

無事だった屈強な男性社員によると、
「非常に暑い中での作業でしたが、真夏の太陽光発電所の状況が確認できたことにより、
発電量の確認や災害発生時への対策など、メンテナンスについての課題も把握できました。
外部への委託なども社内で検討したいと思います。
また後日、除草後にどうなっているか状況の確認のため現地へ向かいたい。」
との事でした。

実際、今年の様に暑くては除草作業も一苦労です。
コスト削減の為にご自分で除草作業を行う発電家の方も多くいらっしゃいますが、ここ数年の夏の暑さは非常に危険です。
万全の対策をして挑んだとしても、熱中症になる危険と隣り合わせです。
出来れば業者に委託する事を検討した方が宜しいかと思います!

因みに、エネイチにはメンテナンスサービスをご紹介するサービスも行っています。
遠方に太陽光発電所をお持ちの方へおすすめさせて頂いているのですが、これまでの監視運用実績とノウハウでトラブルを検知することによって的確なご判断が可能とあり、お客様よりご好評を得ています。

エネイチのメンテナンスについて