渋野日向子選手の優勝にまつわるおカネのはなし


20歳の 渋野日向子 選手が今季の海外女子メジャーの最終戦「AIG全英女子オープン」で優勝を果たし、海外メジャー初挑戦で優勝するという快挙を達成しました!

海外メジャーでの優勝は、1977年に全米女子プロ選手権で優勝した樋口久子選手以来、日本人選手男女通じて42年ぶり史上2人目です。(※1)

今回のコラムでは、“渋野選手の優勝にまつわるおカネのはなし”についてとりあげていきたいと思います。

優勝賞金はいくらだったの!?

まずは皆さんが気になるこちらの話題。

この快挙で渋野選手が獲得した金額は一体いくらだったのでしょうか?

渋野選手が本大会で獲得した優勝賞金は67万5千ドル。(日本円にしてなんと約7,200万円!)

一方、2位のリゼット・サラス選手が獲得した賞金額は約41万ドル(※2)

双方の獲得金額の差は67万5千ドル41万ドル26万5千ドル。(日本円にして2,809万円です!!

 

渋野選手は2打差の首位で最終日を迎えていました。

そしていったんはリゼット・サラス選手と並んだものの、18番でバーディーパットを沈め、勝負を決めたのです。(※1)

つまり勝負の決定打であるこの1ショットに3,000万円近くの価値があったということになりますね・・・!

 

渋野選手が引き起こした意外な経済効果

今回の優勝で、渋野選手自身だけでなく、彼女のまわりでもおカネが動きました。

一躍時の人となった渋野選手の魅力といえば、「スマイル・シンデレラ」として親しまれるキュートな笑顔はもちろんのこと、「駄菓子好き」というチャーミングな一面も有名となりました。

特に今話題となっているのは、渋野選手が試合中にも食べていた駄菓子、『タラタラしてんじゃね~よ』

 

渋野選手の優勝後、製造元である「よっちゃん食品工業」(山梨県中央市)へはマスコミからの取材や問合せの電話が殺到。

ホームページもつながりにくい状況が続いており、嬉しい悲鳴が上がっているようです。

各地の販売店も同商品の売り上げを伸ばしており、大手量販店「ドン・キホーテ」系列店舗では、優勝翌日の売り上げが前週同曜日比で5倍以上だったとのこと・・・。

渋野選手のもぐもぐタイムが引き金となったこのおカネの動きは、まだまだ続きそうです。(※3)(※4)

 

ちなみに、渋野選手は優勝賞金7,200万円について、その使い道を問われると、「お菓子に使おうかな。」と話しています。

タラタラしてんじゃね~よは製造元HPによると1袋50円。

つまり優勝賞金で買うことのできる数は〈7,200万円 ÷ 50円=144万袋!〉 

渋野選手が80歳までにこれを食べ切ろうとすると、毎日65袋食べれるという計算になります・・・!

 

プロゴルファーは稼げる夢の職業???

ここまでの話を振り返ってみると、

 ・20歳という若さにして7,200万円もの大金を獲得できる

 ・1ショットに3,000万円近くの価値があるときも・・・!

 ・だいすきなお菓子を一生食べられるという夢が叶う

等々、プロゴルファーとは、とても「夢」のある職業に思えてきますね。

それでは、その「現実」はどうなのでしょうか?

プロゴルファー内格差という現実

国内のトーナメントプロを例にとって、見ていきましょう。

国内のトーナメントで優勝賞金が最も高いトーナメントは、日本オープンなどの4,000万円です。

賞金王や賞金女王ともなれば、獲得賞金は1億円の大台に乗り、晴れて高額所得者の仲間入りです。

しかし、そのような高額賞金とご縁があるのは、あくまでトッププロ選手のみなのです。

たった一握りのトップ選手を除けば、プロとはいっても、現実にはゴルフ場や練習場の社員となったり、ティーチングプロとして稼いだりしている人が多いのが現状です。

ゴルフ場や練習場の社員となる場合では、イベントへ参加したり、お客さんに教えたりすることでお給料をもらえますが、ゴルフの成績が悪いと社員契約を打ち切られたりすることもあるようです。

一口にプロゴルファーといっても、その格差は随分大きいのが現実のようです。。(※5)

 

賞金だけで生活できるプロはほんの一握り

プロ野球選手などと違って、プロゴルファーは個人事業主であるため、何かと経費がかかります。

特に、賞金を稼ぐためのトーナメントへの出場するには、莫大な経費がかかります。

会場へ向かうための自身と帯同キャディの交通費、トーナメント中の宿泊費、トーナメントへのエントリー費、キャディーへの報酬等々。。

帯同キャディーがいるプロの場合、1試合にかかる経費は約40万円といわれています。

年25試合に出場すると、年間経費は約1,000万円となります。

これらの必要経費をすべて賞金で賄うためには、賞金ランク80位くらいまでに入らなければなりません。

それ以下となると、獲得賞金を経費が上回ってしまい赤字、という厳しい世界です。。

当然、経費を賄うだけでなく、+αで生活費が必要なことも考えれば、年間2,000万円程度を稼がなければならないでしょう。

そうなると、賞金ランク50位くらいまでに入らなければなりません。

つまり、賞金だけで食べていけるプロゴルファーは、日本では50人程度しかいないということです。

国内のトーナメントプロ人数は約2,000人なので、その割合は約2.5%となります。(※6)

 

それでもおカネを稼ぎたい方へ・・・再エネ投資をおすすめします!

大金を稼ぐ夢の職業かと思われたプロゴルファーも、その現実は非常に厳しいものでした。

夢を手にするには、やはり絶え間ない努力が必要なようです。

それでも、おカネを稼ぎたいという夢は捨てられませんよね。。

では、一攫千金ではなく、安定的な収入が見込める再生可能エネルギー投資はいかかでしょうか?

再生可能エネルギー(太陽光発電や風力発電)への投資とは、発電した電力を電力会社に買取ってもらうことによって収入を得る投資のことです。

再生可能エネルギーは、環境負荷が少ないクリーンなエネルギーであることはもちろん、「投資」の面でも多くのメリットがあります。

例えば、20年間の安定的な収入、高利回り低リスク、短期回収等々・・・!

より詳細な再エネ投資のメリット・デメリットについては、過去の記事で取り上げていますので、ぜひご覧ください。

安定した収益を望める投資⁉太陽光、風力発電のメリットとデメリット

 

一番大切なのは、自分にあった方法を見つけること

ここまで様々述べてきましたが、一番大切なのは、「自分にあったものを自分で選ぶこと」なのではないかと思います。

利益獲得のための方法は様々です。

プロゴルフの賞金獲得しかり、株、為替、競馬、宝くじ・・・。

ぜひ、ご自身にあった手段を見つけて下さい。

そしてそのために、まずは様々な手段について知ってみて下さい。

そのひとつとして、再エネ投資についても、今よりもっと知っていただけると嬉しいです。

 


 

エネイチでは、太陽光発電を中心とした、再エネ投資物件を掲載しております。

「利回りの高い物件がいい!」「自宅に近い発電所だと安心だ。」等々、お客様一人ひとりのご要望にあわせて物件をご紹介致します。

ぜひ一度、エネイチの投資物件をご覧ください!

▶新着物件はコチラ

 


 

参考

(※1)全英女子ゴルフ、渋野が優勝 日本勢として42年ぶりのメジャー制覇(2019.8.7/CNN.co.jp)

(※2)選手プロフィール(スポーツナビ)

(※3)「タラタラしてんじゃね~よ」製造元がうれしい悲鳴 渋野日向子の好物(2019.8.5/SankeiBiz)

(※4)渋野で注目「タラタラしてんじゃ…」売り上げ5倍に(2019.8.6/日刊スポーツ)

(※5)プロゴルファーの厳しさ、つらいこと(Career Garden)

(※6)賞金王は1億円以上稼ぐけど……ぶっちゃけ、プロゴルファーって儲かるの?(Gridge[グリッジ]~ゴルファーのための情報サイト~