太陽光発電投資物件の優良物件を選ぶポイント


太陽光発電は、投資金額も大きくまた売電期間も20年なのでより長期間収益を確保するために、しっかりと物件を選ぶ必要があります。ここではその選び方のポイントをお教えします。

1:まずは自分の目で確認すること

多くのサイトでも言われていますが、設置現場を見ることは非常に重要です。図面だけみていい土地だと感じても、実際確認すると周囲の環境や土地の状態などが悪かった、という声も聞こえてきます。住宅街だと周辺住民とのトラブルも考えられ、設置へのハードルがさらに高くなる可能性があります。
周囲の環境によっては森林が迫ったりして、パネルに影ができてしまうと、そのぶん発電量が低下してしまいます。
一日過ごして影の動きや日中の周辺環境の変化も確認してみるのもいいでしょう。もしかしたら業者が日照状況のデータを保管している可能性もあります。ぜひ聞いてみてください。

2:管理(メンテナンス)についてしっかりとした体制を

太陽光発電は設置したらあとはメンテナンスは不要、という業者もいるようですが、それは間違いです。例えば夏に雑草が茂ったり、落下物があったりしてパネルに影ができれば、その分発電効率は下がります。管理(メンテナンス)を行うことで、長期の安定した稼働が可能です。自分でそれら管理を行うことはほとんど不可能ですので、エネイチでは現在安心の管理(メンテナンス)サービスもご紹介する準備をしております!

3:セキュリティ(防犯)にも力を入れて

太陽光発電システムは屋外に設置されています。大きな規模のものになると、人通りもあまりない土地に設置される可能性も大いにあります。管理(メンテナンス)をしているからと言って、毎日現地に足を運んだりすることはなかなか難しいです。いたずらや盗難といったニュースを耳にされた方もいらっしゃるかもしれません。ですので、発電所の周りにフェンスや防犯カメラ、赤外線装置といった防犯設備を整えることも、自分の資産を守る大切な手段となります。また、盗難保険や保証など、実害にあった際のフォローも確認したほうが良いでしょう。

4:自然災害への保証や保険について

20年という長期間の投資、しかも屋外に設置されているため、自然災害も気になるところです。台風や地震といった予期せぬ自然災害が毎年日本各地で発生しています。自分の発電所がその被害を受けないという保証はありません。
ですので、自然災害補償や機器保証、万が一故障した際の売電保証などの保証や保険について、必ず確認するようにしてください。

5:利回りの計算

太陽光発電での利回りは他の投資に比べても比較的高いと言われています。でもそれは表面利回りで、実際の収益を把握するためには実質利回りを計算する必要があります。
土地や設備にかかる初期投資に加え、上で説明したような管理(メンテナンス)費用やセキュリティシステムの投資費用、災害保険などの保険料、それ以外にも土地を購入した場合は土地の固定資産税も毎年かかってきます。
こういった、目に見えにくい費用を把握するのはとても大変です。こちらも十分に確認する必要があります。
以上が重要なポイントとなります。他にも細かいポイントがありますし、人によっては気になる個所も違ってくるかと思います。困ったことがあれば、販売会社に直接お問い合わせしていただいても構いませんし、ぜひエネイチスタッフにもお問い合わせください。

アーカイブ